OUTDOOR 寝袋 睡眠グッズ アウトドアアイテム

【キャンプ】”夏”におすすめの寝袋(シェラフ)人気トップ3を紹介!

最近キャンプを始めたんだけど、寝袋って必要だよね…?
まぁ必須だね!特に寝袋は”夏用”と”冬用”があるから気をつけて買わないとね。
今回は”夏用”の寝袋が欲しいんだけどおすすめってある?
夏用なコスパが良い物も多いし、良い物もたくさんあるよ!

 

そう言った疑問を解決します

本記事の内容

  • 【キャンプ用】”夏用”の寝袋の選び方ポイント!
  • 【キャンプ用】”夏用”おすすめの寝袋を紹介!

さて、今回は【夏用】おすすめの”寝袋”ついて紹介していきます。

夏のキャンプは冬と違って、夜は比較的過ごしやすくキャンプ日和な日が多いです。

日中は暑いですが…

 

キャンパーの方の中には、

夏に寝袋なんて必要ないよ!タオルで十分!

って方もいるかと思いますが、半分正解で半分不正解。

 

確かに夏場は気温が高く場所によっては寝袋を使うと暑くて寝れない…なんて状況もありますが、キャンプ中には何が起こるか分かりません。

 

特に山の方では急に雨が降ったり曇ったりと、天候の変化も多いです。

キャンプ地のほとんどが山の中にあるため、いくら夏場でも夜は結構気温が低くなりがちです。

 

低い地域や絶対に天候が崩れないなど、絶対の自信がある場合は良いのですが、基本的には寝袋を準備しておきましょう。

また”冬用”の寝袋と違ってコスパが良い物も多いのでそこまで出費も痛くありません。

これからキャンプを始めようとする方は必ず揃えておきましょう!

 

【キャンプ】”夏”におすすめの寝袋(シェラフ)を紹介!

本記事では【キャンプ】”夏用”のおすすめ寝袋を紹介というテーマにフォーカスして解説していこうと思います。

解説の流れ

  • 【夏用】寝袋の選び方ポイント
  • 【夏用】人気のおすすめ寝袋を紹介!
以上のステップで解説します。

 

【夏用】寝袋の選び方ポイント!

対応シーズンに注意して選択しよう!

さて、これから寝袋を購入しようと考えている方の中には、

寝袋なんてそれも一緒でしょ?

なんて思っている方もいるかもしれません…いや、いないか。

 

皆さんご存知のとおり、寝袋には適正温度っていうものがあります。

これはどんな安っぽい寝袋でも共通して言えることだと思います。

 

もしネットとかで使用可能温度の表記がない寝袋を見つけたら、

あ…これはヤバいやつ…

って思って下さい。

賞味期限を表記していない牛乳くらいヤバいです。

 

寝袋には使用温度は目安として、

15度〜・・・夏用

5度〜・・・春夏秋用

−5度〜・・・冬用

と、ざっくりですがこう思ってもらって構いません。

 

今回は夏用のおすすめ寝袋ってことにフォーカスしていますのでおすすめはもちろん「15度〜」の寝袋。

しかし寝袋を春夏秋冬全て揃えておくと費用的に負担が非常に大きくなります。

 

それぞれを個別に買って行った方が快適なのは間違い無いですが個人的には「春」「夏」「秋」用で一つの寝袋。

「冬用」で一つの寝袋と使い分けする方がコスパ的にも良いと思います。

 

「夏」におすすめの寝袋は「使用可能温度5度〜」の寝袋!

 

【キャンプ用】夏におすすめの人気”寝袋(シェラフ)”の紹介!

今回は夏におすすめの人気寝袋についてランキング形式で紹介しています。

人気順に紹介しますので、値段も様々ですが、やはり最終的にはデザインで気に入ったものを選ぶのが良いと思います。

またあまりに安いものは、作りが荒く無駄な出費になりかねないので、費用も抑えつつ品質の良いものを選びましょう!

ビックリするほど高いってわけじゃないので後は好みのものを選んでしまって構いません!

 

【コールマン】使用可能温度5度 /  パフォーマーⅢ  C5

 

Amazon

 

こちらは有名アウトドアメーカー「コールマン」さんから出ている使用可能温度5度の寝袋

値段は3,700円と、「春/夏/秋」用としてかなり使い勝手の良いシェラフ。

使用可能温度が5度まで対応可能で、少々寒いくらいの時期のキャンプならこれひとつでなんとかなります。  

個人的には性能面も考えると一番コスパの良い寝袋だと思います。

Amazon評価も☆4と高評価、かなりの人気商品になっているので、予算内であればこちらを断然おすすめします。

キャンプの夜は寒いですから、使用用途がキャンプの方は少し無理してでもこちらを購入することをおすすめします。  

 

【SWTMERRY】定格温度5〜25度 /   3シーズン(春・夏・秋)寝袋

Amazon

こちらも「SWTMERRY」さんから出ている使用可能温度5~25度の寝袋

値段は2,500と、今回紹介する寝袋の中で最安値

こちらも使用可能温度が5度まで対応可能で、作りもしっかりしているので腰が痛くなることもありません。

またファスナータイプで全開にすると、ガバッと開いて使用することも可能。

夏場で暑くなったら良い感じの敷布団になります。

Amazon評価も☆4.5と高評価、個人的には少し冬寄りの3シーズンタイプの寝袋だと思います。

まだ冬用の寝袋を持っていない方や、寒がりな方はこちらをおすすめします!

またコスパ重視でなるべく費用を抑えたい方にもおすすめ!

 

【ロゴス】使用可能温度6度 / 丸洗い寝袋ロジー

Amazon

有名アウトドアメーカー「ロゴス」製の春・夏・秋用の寝袋。

値段は4,200円。

この寝袋のプラスポイントはなんといっても名前通りの「丸洗い可能タイプ」なのが魅力!

寝袋は大切に使っていればそこまで汚れることは少ないですが、寝ている間に結構汗はかきます。

いざ久しぶりに使おうと思ったら「汗くさい…」なんて最悪です。

使用したら洗濯するのを習慣付けましょう。

 

このタイプはもちろん「丸洗いOK!」なのでコスパ以上にかなり管理もしやすい寝袋です。

Amazon評価も☆4.5と高評価

他の商品と比べると少し高めですが、メーカー品で作りもしっかりしていて、長く使うならおすすめの寝袋です!

 

 

 

以上、おすすめの”夏用”寝袋について紹介しましたが、しかし最終的にはやはりデザインが気に入った物を選ぶのをおすすめします。

いくら”夏用寝袋”と言ってもやはり使用目安温度「5度」は最低でもあって欲しい所。

 

また今回はコスト面においても良いものをピックアップしましたので費用的にも抑えられると思います。

寝袋の中には10,000円を超える商品もありますが、最初からそんな高い商品をを買う必要はありません。

しかし最低限の性能ってのもありますので、必要に応じて購入を検討してみて下さい。

何にしても皆さんのお気に入りの寝袋が見つかれば良いですね。  

 

最後に・・・

最後に記事のポイントをまとめます。

【夏用】使用目安温度”5度”は確保しよう!

寝袋はちゃんと洗濯しましょうね!

結局最後は自分が気に入ったデザインの物が愛着が湧いて長持ちします!

 

 

以上、【夏用】おすすめの寝袋について紹介をしました。

僕個人の感想としては、3番目に紹介した「ロゴス - 丸洗いロジー」のタイプがもっとも汎用性が高く値段的にもコスパが良いのでおすすめです。

簡単に洗濯も出来ますからね!笑

 

以上、キャンプ用について記事を書いてみましたが、僕の経験を元に執筆しましたので、かなりの偏見も混じっているかもしれません。

ですので参考程度に頭に入れて置いてもらえたらなと思っています。

ですが本記事が少しでも皆さんの役になれば嬉しいです。

ではまた次回の記事で!

-OUTDOOR, 寝袋, 睡眠グッズ, アウトドアアイテム
-, , ,

Copyright© R-Box , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.