アイテム紹介 バス釣り フィッシング

【バス釣り】初心者でも釣れるフリックシェイク!おすすめの使い方を徹底解析!

イラスト
初心者でも簡単に釣れるワームってなんだろう?
釣れるワームってたくさんあるけど、やっぱりフリックシェイクは王道じゃないかな
なるほど!でもどのように使うの?

そう言った疑問を解決します

本記事の内容

  • 釣れるワーム「フリックシェイク」が人気の理由
  • フリックシェイクで釣果が向上する使い方
  • カラー、サイズの選定ポイントを解説

バスアングラーに絶大の支持を受けている「フリックシェイク」

今回はそのフリックシェイクについて、人気の理由。使い方。ワーム選択のポイントを解説します。

特にバス釣り初心者の方はどのようなワームを使えばバスが釣れるのか気になるポイントだと思います。

どのワームもそれぞれ特徴があるのですが、そんなワームの中でも必ず一度は使用する「フリックシェイク」

本記事ではなぜ「フリックシェイク」が人気があるのか?どのように使うのか?おすすめのカラーは?

そのようなポイントを解説します。

スポンサードリンク

釣れるワーム「フリックシェイク」が人気の理由

本記事ではバス釣り初心者の方がまず買うべきワーム「フリックシェイク」の使い方というテーマにフォーカスして解説していこうと思います。

解説の流れ

  • フリックシェイクの特徴と人気の理由
  • フリックシェイクの使い方
  • 使用時に気をつけるポイント
  • おすすめのカラー、サイズを紹介
以上のステップで解説します。

フリックシェイクの特徴と人気の理由

スタンダードなストレートワーム。でも…

様々な形状があるワームの中でも、「ストレートワーム」はシンプルな形状ゆえにどのメーカーも差別化が難しいのが現状です。

しかしこのフリックシェイクはあえてストレートのフォルムに少しカーブを施すことによって、艶かしくロールしながらのフォールアクションでブラックバスを引き付けます。

このフォール中のロールアクション。また左右先端が微振動するアクションは警戒心の強いブラックバスでも簡単に口を使い、「投げるだけ」で釣れる最も有名なワームと言っても過言ではないでしょう。

基本的にバスフィッシングは繊細なロッドアクションが必要なため、経験や技術が足りない初心者の方がなかなか釣れないのも事実です。

しかし「投げるだけ」のこのフリックシェイクは初心者には必ず使用して欲しいワームです。

またこのフリックシェイクは、カラーラインナップやサイズが豊富なうえ、フローティングモデルや高比重モデルなど、同形状だがアクションが違うと言った派生のモデルが多く存在し、中級者、上級者も絶大の信頼を得ているワームになります。

正直、このワームを極めれば他のワームは必要ないってくらいあります。

フリックシェイクの使い方

ジグヘッドワッキーリグ

フリックシェイクと言えばやはりジグヘッドワッキーリグでの「チョン掛け」が有名です。

ブラックバスは細く長いものに非常に反応がよく、このフリックシェイクにも当てはまります。

そしてカーブが施されたストレート形状のワームから生み出されるロール+微振動のフォールアクションはどのような状況でも一定の釣果が期待できます。

また重りがある事から、キャストが苦手な初心者の方でも扱いやすくおすすめできます。

Amazon

楽天

ノーシンカーリグ

フォールアクションを最大限発揮するのがノーシンカーリグです。

ジグヘッドワッキーリグと比べ、重りが無い分キャストが難しくなる反面、フォールスピードが遅くじっくりと誘いたい時におすすめの使用方法です。

ブラックバスは気温や時期によってレンジ(水深)が変わる生き物ですが、特に「ブラックバスが浮いている」状態の時に非常に有効です。

基本的にはジグヘッドワッキーリグを使用しボトム(底)を狙いながら、ブラックバスが浮いていてサイトフィッシングが出来そうな場合はノーシンカーリグに切り替えるなど、状況に合わせた釣りをすると釣果が向上します。

ダウンショットリグ

近年「ストレートワームのダウンショット」が非常に話題になっています。

今までは「小魚系」や「シュリンプ系」ワームが主流だったダウンショットリグですが、ストレートワームでのダウンショットはハイプレッシャーのフィールド攻略において「スレない」というのが最大のメリットです。

細く小さめのストレートワームは適度なアピール力。しかしアクションが派手ではないという事からブラックバスに何度コンタクトしても警戒心が高まりにくいという特徴があります。

水門や角など細かくピンポイントで探り体得など重宝する釣りになります。

使用時に気をつけるポイント

初心者あるあるの過剰なアクションは控えよう

フリックシェイクはフォールアクションが非常に重要です。

初心者が釣れない理由の一つとして「過剰なアクション」ってのがあるのですが、フォール中も特に操作は必要ありません。

必要に応じて「カーブフォール」などのテクニックもありますが基本的にはラインテンションは掛けずに「フリーフォール」を意識するようにしましょう。

また水中でアクションする時もラインのテンションは掛けずに、「ちょっと弱いかな」ってくらいのロッドアクションで十分です。

ワームの力を信じて使用してください!

おすすめのカラー、サイズの選定を紹介

どんなエリアにも使える万能カラー

初心者の方におすすめするカラーは「コーラカラー」一択です。

フリックシェイクはカラーラインナップが多く、状況に合わせたカラー選択するのが一番良いのですが「何を選べばいいか分からない」って初心者の方はどんな状況でも活躍するこのカラーを選択するのをおすすめします。

特に春先などのハイシーズンでは「スカッパノン」っていう赤みがあるカラーが非常に有効になりますが、その色によく似ています。

またこの赤に近いカラーは、水中で最もシルエットがハッキリする色として有名です。

まずは「コーラ」から試してみて、使い慣れてきたら状況に合わせたカラー選定をすれば良いと思います。

サイズは個人的には4.8インチがおすすめ

フリックシェイクはサイズのラインナップも多く、またまた悩むポイントですね。

これは僕個人の感覚ですが、デカバスも狙え小バスも釣れるマルチなサイズは「4.8インチ」だと思っています。

これもフィールドの状況やベイトサイズ、様々な状況を見てセレクトしていくのが良いのですが、まずは4.8インチを中心にサイズを選択していけば良いと思います。

フリックシェイクのおすすめは4.8インチのコーラカラー!

最後に記事のポイントをまとめます。

フォールアクションを最大限活用しよう!

おすすめカラーは「コーラカラー」

サイズは4.8インチを中心に幅を広げていこう!

様々なメーカーからストレートワームは販売されていますが、初心者でも簡単位釣れるワームってことで選定したらほとんどの方が「フリックシェイク」と答えると思います。

それだけこのワームはバス釣り入門としても優秀ですし、中級者、上級者からも信頼されています。

まだブラックバスがなかなか釣れないって初心者の方は試してみると良いかもですね!

Amazon

楽天

最後に

以上、バス釣り初心者向けに記事を書いてみましたが、僕の経験を元に執筆しましたので、かなりの偏見も混じっているかもしれません。

ですので参考程度に頭に入れて置いてもらえたらなと思っています。

ですが本記事が少しでも皆さんの釣果に繋がれば嬉しいです。

ではまた次回の記事で!

-アイテム紹介, バス釣り, フィッシング
-, , ,

Copyright© b-life , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.